泌尿器科

早期診断・治療を目指して

当院はデジタル超音波断層装置やX線撮影装置、痛みを最小限に抑えた軟性膀胱鏡といった大学病院並みの医療機器をそろえております。これらの機器を駆使して、患者様のご病気をできるだけ来院当日に診断し、早期に治療が開始できるよう尽力しております。

 

また、当院ではED(勃起不全)治療、血尿の原因診断および前立腺がん検診(PSAマーカーも含む)なども行っております。

 

泌尿器について少しでも気になることがあれば、一人で悩まずお気軽に当院スタッフまでご相談ください。

女性泌尿器科

女性にとって、泌尿器科は人目が気になって受診しづらいところではないでしょうか。

しかし、尿のお悩みは誰にでも起こりうるものです。

当院では、女性の皆さまのQOL(Quality Of Life:生活の質)向上を目指して、女性でも気軽に来院しやすい環境を整えております。何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

主な疾患

  • 前立腺肥大症
  • 頻尿、過活動膀胱、腹圧性尿失禁
  • 泌尿生殖器癌(前立腺癌、膀胱癌、腎癌、精巣癌 他)
  • 骨盤臓器脱(性器脱)
  • 急性膀胱炎、腎盂腎炎
  • 肉眼的血尿、尿潜血
  • 尿路(腎臓、尿管、膀胱)結石
  • 慢性前立腺炎(慢性骨盤痛症候群・明らかな原因がないのに下腹部に痛みがある)

主な検査

尿検査 出血、感染、蛋白、糖などの有無を調べます。
尿細胞診 尿中のがん細胞の有無を調べます。
超音波検査 尿路(腎臓、膀胱)また前立腺の体積も調べることができます。
尿流量測定/残尿測定 排尿の機能検査です。尿の勢いと残尿(排尿後に残っている尿量)を調べます。
膀胱ファイバー 内視鏡を使って膀胱の中を見る検査です。

主な治療法

お薬での治療
切迫性尿失禁、過活動膀胱

膀胱をリラックスさせて尿をためやすくし、膀胱が勝手に収縮するのを抑える効果がある「抗コリン薬」・「β受容体作働薬」を使用します。その他、抗うつ薬なども有効な場合があります。

腹圧性尿失禁

尿道の抵抗を上げ、腹圧がかかっても尿が漏れるのを防ぐ効果のある「β刺激薬」を使用します。軽症の方に有効なお薬です。

膀胱訓練

尿が漏れてしまうと、膀胱に十分に尿をためずに排尿してしまう癖がつくので、更に尿をためにくくなり、尿を出す力も弱まってしまいます。頻尿や切迫性尿失禁の治療には、「尿をためる」すなわち「排尿を我慢する」膀胱訓練が有効です。

小児泌尿器科

当院ではお子さまの泌尿器に関するご相談も承っております。

男の子がいらっしゃるお母様の中には、男性器のことがよくわからず困っていらっしゃる方も多いと思います。

お子さまの排尿について気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

主な疾患

  • 包茎
  • おねしょ(夜尿症)など

泌尿器系のがん

泌尿器系のがんには、腎臓がん、膀胱がん、前立腺がん、腎盂・尿管がん、精巣がんがあります。

当院ではまず診察で患者様のお話を伺い、必要な検査をして適切な治療を行います。

早期発見が大事ですので、ご心配な方はお早めにご受診ください。

腎臓がん

腎臓がんの治療は一般的に手術が中心になりますが、最近では分子標的治療薬が開発され、がんを縮小させることが可能になってきています。多くの患者様が手術によってがんを克服されています。がんが小さいうちなら根治が可能であるため早期発見が重要です。

 

膀胱がん

転移のない場合は、手術で摘出することが最も確実な治療法です。また、再発防止のため膀胱内に抗がん剤やBCGを注入する膀胱内注入療法も選択されます。

しかし、転移した進行がんの場合、MVAC療法(メソトレキセート、オンコビン、アドリアシン、シスプラチン)や放射線療法が行われることもあります。

 

前立腺がん

前立腺がんは加齢とともに発生する確率が高くなる病気で、近年日本でも増加傾向にあります。

治療方法としては、内分泌治療や手術、放射線治療が一般的です。今まで「化学療法は全く効果がない」と考えられてきましたが、ごく最近になってホルモン不応性となった患者様にはドセタキセルという抗がん剤が有効であることが報告されています。

 

腎盂・尿管がん

腎盂・尿管がんとは、尿が集まる腎盂(じんう)と呼ばれる組織と腎臓と膀胱をつなぐ尿管にできるがんのことです。転移がない場合は、手術を行うことが一般的です。リンパ節や他の臓器に転移が見られる場合は、化学療法や放射線治療を行います。

性感染症

性感染症は若い人の間で増加傾向にあります。最近では15~19歳の女性の20人に1人、20~24歳の女性の15人に1人がクラミジアに感染していると言われています。

放置していると、男性では精巣上体炎(副睾丸炎)や前立腺炎、女性では子宮頚管炎や卵管炎、不妊症などになる可能性がありますので、早めに治療を行うことが大切です。

性感染症の特徴

  • 性行為(性交)にともなって感染する病気である
  • オーラルセックス、アナルセックスでも感染する
  • 男女間とはかぎらず男性同士でも感染する
  • 性行為をしていない人にはうつりにくい病気である

※排尿痛、排膿がある場合は当院までご相談ください

性感染症の種類

  • クラミジア
  • 淋病
  • 尖圭コンジローマ
  • 梅毒
  • エイズ
  • 性器ヘルペス
  • 毛ジラミ

ブライダルチェック(自費検査)

尿中淋菌・クラミジア検査 4,500円
HIV検査 3,000円
梅毒検査 2,000円

ご予約・ご相談はお気軽に

泌尿器のことでお悩みでしたら、東京都中野区にあるやなだクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-5342-9511.png
  • 初診予約受付はこちら