泌尿器のお悩み

男性に見られるお悩み

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは、前立腺の内線と言われる部分が加齢とともに肥大し、膀胱の出口が圧迫されて尿の出や勢いが悪くなる病気です。症状としては、尿がすぐ出ない、少ししか出ない、残尿感がある、トイレが近くて特に夜間に行く回数が多い、などがあります。50歳代以上に多くみられるのがこの病気の特徴です。

 

前立腺肥大症になっているどうかを診断するために、当院では超音波検査や尿流測定、残尿測定を行います。お薬だけでかなり効果をあげられることが多いですが、尿がでなくなったり、残尿が多い場合、手術的治療が必要な場合もあります。

検査方法

検尿 前立腺肥大症で残尿が増え尿路感染症を合併しやすくなるため感染の有無を調べます。
尿流測定 尿流量計による検査で、尿の勢いや排尿の具合が分かります。
尿流測定で判る最大尿流量(尿流率:1秒間の排尿量)が高いほど、尿の勢いが良いことを示します。
平均尿流率だけでなく、尿線が途切れたりする様子も記録されます。
超音波 親指程度の超音波の機械を肛門より挿入し、前立腺の体積(大きさ)形状を観察します。また前立腺がんの鑑別等も併せて行います。
腹部からの超音波検査では、残尿および前立腺の形態体積を観察します。
採血 血液中の前立腺腫瘍マーカー(PSA:前立腺特異抗原)を調べます。前立腺がんがある場合はこの値が高くなります。
また前立腺肥大により慢性的に尿の通過障害があった場合、腎機能障害を合併することもあり、この検査も併せて行います。
直腸診 前立腺の一部が直腸壁と接触しているため、肛門より指を挿入して前立腺の大きさ、硬さ、痛みのあるなしを触診することができます。
膀胱ファイバー 前立腺を尿道から挿入する鏡で直接見る方法です。尿道狭窄や膀胱の中の異常も確認できます。
手術を予定している場合、その直前に行われることがあります。

女性に見られるお悩み

腹圧性尿失禁

尿漏れ(尿失禁)とは、本人の意志に関わらず、尿をしたくない時や場所で、尿が漏れたり出たりしてしまうことをいいます。尿漏れ(尿失禁)の中のひとつである腹圧性尿失禁は、咳、くしゃみをした時や急に立ち上がった時など、腹圧が加わったときに尿が漏れる症状のことを指します。自然分娩をされた女性や、閉経後の女性に多く見られます。

加齢や肥満、出産によって、骨盤底筋群と呼ばれる膀胱などを支えている筋肉が緩みやすくなり、膀胱や尿道がお尻の方へ下がり気味になります。そのため腹圧が加わった瞬間の尿道閉鎖が不十分となって、尿が漏れるようになるのです。

お子さまに見られるお悩み

包茎

小児の包茎は、放っておいてもよい場合と治療が必要な場合があります。

特に以下の症状に当てはまるお子さまは、何らかの治療・処置が必要となる可能性があるので、お早めにご受診ください。

  • おちんちんの皮が赤くなることがよくある
  • おちんちんの先から膿のようなものがでる

おねしょ(夜尿症)

おねしょ治療で大事なのは、「あせらない・怒らない・あきらめない」ことです。当院では、年齢や性別、夜尿の頻度、夜尿の時間帯、昼間のお漏らしの有無、季節などを考慮した上で夜尿症のタイプを診断し、治療方針を決定します。

 

毎日してしまうおねしょが数日で治癒することは稀なので、根気よく治療を継続することが非常に大切です。

当院では症例に応じて、生活指導とお薬や抗利尿ホルモンの内服などを、単独もしくは組み合わせて、根気よく治療していきます。

男女ともに見られるお悩み

頻尿(過活動膀胱)

頻尿(過活動膀胱)とは、膀胱の排尿する活動が過剰になり、ときには自制がきかず勝手に膀胱が排尿してしまう疾患のことをいいます。

 

切迫性尿失禁

尿漏れ(尿失禁)のひとつで、突然我慢できない強い尿意が現れ、トイレまで我慢ができずに尿が出てしまう疾患のことをいいます。切迫性尿失禁は、男女を問わず60歳代以降のご高齢の方や、脳梗塞後、頚椎症などの患者様に多くみられます。
これは、「尿を漏らしてはいけない。」という脳からの命令が膀胱まで上手く伝わらずに、膀胱が勝手に収縮してしまうために起こるものです。

 

血尿

おしっこに血が混ざる、おしっこの中に血のかたまりが出るといった症状のことを「肉眼的血尿」といいます。一方、目に見えないのに健康診断や糖尿病の尿検査で尿潜血が見られることを「顕微鏡的血尿」といいます。

 

血尿は腎・尿管・膀胱・尿道・前立腺のどこからか出血しているという異常な状態です。

 

痛みが伴う場合は尿管結石、膀胱炎の疑いがあり、逆に痛みが無い場合は腎盂がん、膀胱がんなどの疑いがあります。膀胱がんでも肉眼的血尿が無い症例は数多くありますので、健診で尿潜血が出たりしたら、すぐに受診されることをおすすめします。

 

当院では超音波断層・尿細胞診膀胱鏡などを使用してさまざまな検査を行い、血尿を起こす病気を診断・治療します。気になることがあれば、当院スタッフまでお気軽にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

泌尿器のことでお悩みでしたら、東京都中野区にあるやなだクリニックまで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-5342-9511.png
  • 初診予約受付はこちら